接客用オフライン翻訳機ili PROと、翻訳辞書のカスタマイズ・電話通訳がセットになった法人向けサービス『ili インバウンド』を運営する株式会社ログバーは、9月20日・9月21日に東京ビッグサイト東6ホールで開催された『インバウンド・観光ビジネス総合展2018』に出展しました。

『インバウンド・観光ビジネス総合展2018』は、19万人以上を集客する観光分野で国内最大のイベント『ツーリズムEXPOジャパン2018』内で開催されるフェアinフェアです。イベントには、インバウンド・観光ビジネスに携わるサービスを展開する88社100小間が出展を行いました。

イベント開催当日の東京ビックサイトには、多くの関係参加者の方々が訪れました。

弊社ログバーのブースでは、翻訳機ili PROを国内で初めて体験できるスペースを用意。

多くの来場者の方々に、ili PROを体験していただきました。

また、『グローバルコミュニケーション開発推進協議会』ブースにも、弊社のili PROをご体験いただけるスペースを用意。

こちらのブースには外国人スタッフが常駐し、来場者の皆様にili PROを使ったコミュニケーションを体験していただく取り組みを行いました。

イベント二日目の21日には、『多言語音声翻訳における「インバウンド市場への挑戦」』をテーマに行われたパネルディスカッションに弊社代表の吉田が登壇。

音声翻訳に関するテーマについて、他の登壇者の方々を交えたディスカッションを行いました。

また、同日グローバルコミュニケーション開発推進協議会ブースには、衆議院議員のさかい学氏が訪れ、弊社の音声翻訳機ili PROをご体験いただきました。

お問い合わせ

「ili インバウンド」サービスに関するお問い合わせ、その他サービスの詳細につきましては「ili インバウンド公式ページ」よりご確認ください。