ili PROは、接客事業者向けに開発された新しい翻訳機。訪日外国人旅行者の増加により、インバウンド事業者から 「接客用で使える翻訳機はないか?」というお問い合わせを多数いただき、本格的に接客に特化した翻訳機を実現しました。

使い方はいたってシンプル。このページでは、ili PROの基本的な使い方についてご説明いたします。

※「ili PRO」を含むトータルサービス「ili インバウンド」についてはこちらをご確認ください。

ボタンの説明

使うボタンは3つのみのシンプルな構成です。

  1. メインボタン(リピートボタン)
  2. スリープボタン(電源ボタン)
  3. サイドボタン(認識再生ボタン・言語切り替えボタン)

ili PROは「誰でも、シンプルに使いやすい」翻訳機を目指して設計されており、他の翻訳機やスマートフォンの翻訳アプリに比べてよりスムーズに翻訳することが可能です。

翻訳を行うには?

ili PROのメインボタンを押したまま話しかけて、話し終わったらボタンを離す。たったこれだけの操作で翻訳を行うことが出来ます。

また、翻訳の際には下記のポイントを意識していただくとより高い翻訳精度で翻訳することができます。

※ili PROでは長い文章でも翻訳が可能ですが、誤訳を防ぐためにシンプルな文章を推奨しております。

翻訳先の言語を切り替えるには?

サイドボタンを長押し、翻訳言語を切り替えます。

切り替えが始まると「○○語に切り替えます。少々お待ちください」というアナウンスが流れますので、次のアナウンスがあるまで少々お待ちください。

※切り替え中は翻訳が行えません。

リピート機能・認識再生機能を上手に使おう!

リピート機能とは?

翻訳後、再度メインボタンを短く一度押すことによって、直前の翻訳結果が再生される機能です。

接客の現場では、周囲が騒がしい場合もあり、お客様が聞き逃してしまうことも考えられます。そんな時には、リピート機能を使ってもう1度同じ内容をお伝えすることができます。

認識再生機能とは?

サイドボタンを短く1回押すと、ili PROがあなたの言葉をどのように認識したか再生することができます。認識が間違っている場合には、誤訳の恐れがありますので適宜ご利用くださいませ。

また、認識できていない箇所をしっかりと発音することで、正しい翻訳を導くことができます。

ショートカット機能でスピーディ対応!

ショートカットキーワードと翻訳文を登録することで、必要なフレーズをすぐに呼び出すことができます。いつも繰り返し使うようなフレーズを登録しておくことで、接客時間の短縮が期待できます。

例えば「免税の説明」というワードを設定し、免税の説明を中国語で登録します。そうすることで「免税の説明」とイリーに話しかけるだけで、その翻訳を出すことが可能です。

これにより、お客様を待たせることなくスムーズに対応が可能に。よく使うフレーズなどを登録しておくと便利です。