Archive List for 導入事例

翻訳機の導入でお客様にプラスワンの体験を。キットカットショコラトリーにili PROが導入

導入事例

大人から子どもまで、幅広い世代に愛されている定番のチョコレート菓子『キットカット』。その新しい魅力を発信する、世界初のキットカット専門店が、『キットカット ショコラトリー』です。 専門家によるこだわりのチョコレートを提供するこのお店にも、「ili インバウンド」サービスが導入されています。

翻訳機の導入で売上が1.5倍に!青果店の接客にili PROが選ばれたワケ

導入事例

江東区亀戸にある地元で人気の青果店、『栗田青果 亀戸店』。 新鮮な野菜やフルーツを販売しているこのお店も、外国人のお客様への接客用に「ili インバウンド」サービスを導入している店舗のひとつです。 今回は、有限会社 栗田青果 亀戸店 店長の三浦 和博さんにお話を伺いました。

ili PRO(イリープロ)で2020年に向けて1つ高いレベルでの接客を目指す。(東京中央郵便局)

導入事例

日本郵便では、すでに日本各地の郵便局48局で個人向けili(イリー)の販売を行っていただいております。その中で、東京中央郵便局ではイリーの販売だけではなく、外国人のお客様への接客の中でイリーを活用し新しい取り組みを一緒に進めさせていただいている局でもあります。 東京中央郵便局 井上様に現状のイリーの反応や接客の中でのイリーの存在についてお話しいただきました。

受付での対応時間が短縮!中国人患者様への対応でイリーを使用。

導入事例

Q1:外国人の患者さんが来院されることはありますか? 最近、中国の方をはじめフィリピンの方など海外の患者様が増えてきています。 特に中国の方が多いですね。近くに日本語学校があることもあり、日本語がわかる方もいらっしゃいますが、日本語も英語も全く分からない方が来院されるケースも増えてきています。今日も、2名ほどいらっしゃったのですが日本語はわかりませんでした。

日本郵便株式会社が翻訳機「ili(イリー)」を取り扱う理由とは?

導入事例

2018年3月15日(木)より、瞬間オフライン音声翻訳機「ili(イリー)」を郵便局にて体験・購入できるようになりました。場所は東京中央郵便局、新宿郵便局、渋谷郵便局の3局。展示・販売だけではなく、実際にイリーを体験していただくことも可能になりました。 これに際し、イリーコーナー設置にご協力いただいている東京中央郵便局局長にイリーへの「期待」と「取り扱う理由」についてお話を伺ってきました。

To the top