翻訳機の導入でお客様にプラスワンの体験を。キットカットショコラトリーにili PROが導入

導入事例

大人から子どもまで、幅広い世代に愛されている定番のチョコレート菓子『キットカット』。その新しい魅力を発信する、世界初のキットカット専門店が、『キットカット ショコラトリー』です。 専門家によるこだわりのチョコレートを提供するこのお店にも、「ili インバウンド」サービスが導入されています。

翻訳機の導入で売上が1.5倍に!青果店の接客にili PROが選ばれたワケ

導入事例

江東区亀戸にある地元で人気の青果店、『栗田青果 亀戸店』。 新鮮な野菜やフルーツを販売しているこのお店も、外国人のお客様への接客用に「ili インバウンド」サービスを導入している店舗のひとつです。 今回は、有限会社 栗田青果 亀戸店 店長の三浦 和博さんにお話を伺いました。

『インバウンド・観光ビジネス展2018』にili インバウンドを運営するログバーが出展

ニュース

接客用オフライン翻訳機ili PROと、翻訳辞書のカスタマイズ・電話通訳がセットになった法人向けサービス『ili インバウンド』を運営する株式会社ログバーは、9月20日・9月21日に東京ビッグサイト東6ホールで開催された『インバウンド・観光ビジネス総合展2018』に出展しました。

中国人・台湾人が感じる、日本の宿泊施設の接客のダメな点とは?

特集記事

近年、増加を見せ続ける訪日外国人観光客。とりわけ、中華圏(中国語を主として話す地域)からの観光客は増え続けています。 その中でも、彼らのほとんどが旅行の拠点として利用する宿泊施設では、インバウンド対策は急務であると考えられており、実際に我々のもとにも、宿泊施設を運営される方々からの多数の問い合わせがありました。 そこで、今回我々は、日本在住の中国人・台湾人の方に、宿泊施設を利用した際に感じたことや、中華圏の人々が宿泊施設を利用した際に困ることについて、お話を伺ってきました。

ili ローカライズ(エリア別辞書機能)の使い方

使い方

ili ローカライズとは、エリア別の辞書機能です。 これは、同音の単語などの似たような音声入力を認識した際に、エリアごとに最適な順位を割り当て、その結果になるように翻訳を行うシステムです。 また、かねてよりお客様からのご要望が多かった地域ごとの「特産品」や「地名」といった固有名詞への対応も行っています。 例えば、辞書を沖縄版に変更した場合、「渡橋名」や「あぐー角煮」といった固有名詞を認識し、翻訳が行えるようになります。

To the top